魔女の家とか


フリーのホラゲー好きなので、定期的に新作が出ていないかチェックしたりします。ちょっと前に出てた「魔女の家」を遊んでみました。ちょっとネタバレ気味。

魔女の家:公式サイト

初見殺しあり、ドッキリ系演出は多め。露骨な描写(スプラッターや異型のクーリチャー)などはなし。

このドッキリ系なのですが、まっすぐ進めばスルーしてしまうような箇所にも念入りに設置してあり、なかなか好感が持てました。作り込みが丁寧です。人間心理的に気になる箇所で引き返したり、同じ箇所を調べたり、寄り道したりしてしまう部分をうまく利用していると思いました。

謎解きはさほど難しいわけではなく、テンポを乱させないので、サクサクプレイできます。
話としては、とにかく心をえぐるのがうまい。最後の最後で人間の善意を逆手にとってしまうあたりが来ます。

EDは展開の異なるマルチエンドの一つ、だったら良かったのですが、どうあがいても結末は変わらないようなので、いわゆる「正体」の方に感情移入ができるか否かがストーリーの評価ポイントになりそう。残念ながら、どんなに理由付けがなされようが、僕は「病んでる系」を全面的にプッシュされると、さっぱり共感できない(^ω^;)オチはしっかりついているのですけどね。

と、なんだかんだ言いつつ、こうして感想を述べたくなるということは、心に訴えかけている作品ということ。面白いから皆やれ(・∀・)

おまけ:ibのメアリー
もうブームも過ぎ去った頃なの、心おきなくib絵描けるよ(^∀^)!
なーんて言ってるから取り残されるんだな、自分は

比べるのは失礼ですが、「結果的に悪い子だけど、救ってあげたい」という気を起こさせるメアリーはそのあたりがうまかったと思います。すんなりファンアートを描きたくなる気にさせるといいますか…。黒タイツだからって贔屓してるわけじゃないからね!

ちなみに、一番好きなのはギャリーさんだったりします。あの人の安心感はヤバイ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*