ホワイトキャニオン最後の運転

ホワイトキャニオン
よみうりランドのホワイトキャニオンが1月14日で運転を終了するため、最後にひと乗りしてきました。

ホワイトキャニオン
14日の天候が悪いそうで(案の定雪で、ランドも臨時休園でした)13日によみうりランドへ。相変わらず白い躯体が美しい。最後とあってか、たくさん人が並んでいました。おおよそ30分待ち。暗くなった頃には、60分待ち以上で、列がアトラクションの外側にまで達する勢い。三回ほど乗りました。もうちょっと早く行ったならあと1回は乗れたはず。最前列は結局体験せずじまい。

ホワイトキャニオン
ホワイトキャニオン
ホワイトキャニオン
7両編成の車体が白い渓谷を疾走するヽ(*´∀`)ノ

ホワイトキャニオン
木製のフレームの中をくぐり抜ける様は、木製コースターならでは。

ホワイトキャニオン
ハンズアップ禁止。

ホワイトキャニオンの座席
ホワイトキャニオンにはいくつか残念なポイントがあって、例えば、ご覧のように一番前以外は満足に前が見えないという状態。

ホワイトキャニオン
座席には頭上を覆うようにフレームが存在し、さらに緩衝材でゴテゴテになっているという有様。前どころか横を見るのも一苦労で、非常に圧迫感がある。

ホワイトキャニオン
どうしてこうなってしまったかというと、謳い文句にしていた「非常に強い横揺れ」による衝撃から乗客を守るため。この行き過ぎた横揺れがかえって仇になってしまい、コースを疾走する爽快感が完全に犠牲になってしまった気がします。木製コースターならではの、木のフレームを高速でくぐり抜けるスリルも、肝心の景色が見えないのでは「なんだかな~」といった具合。

この欠点は随所で言われていたり。

でも、中には「楽しかった!」と言ってくれるお客様もいて、良かったんじゃないかなと。

イルミネーション
ライトアップ
三脚など持って行かなかったのでブレてます。

夜のよみうりランド
19年間お疲れ様でした(´;ω;`)

ついでに、ヤマト2199第四章をピカデリーで見てきました。これは面白い!
ガミラス側の描写がいい感じで深く掘り下げて描写されており、ちょい役でガトランティス艦隊まで登場。これには観客もニヤニヤが止まらない。モブの女性キャラが地味に可愛いんですよね。キャラデザが結城信輝さんというのも好印象。声優陣が豪華すぎて感動ものです。

3章はうっかりに逃してしまいましたが、これは本当に良リメイクだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*