フィギュアで合成写真を作る、その3

ミニチュア風

白面金剛九尾イヅナ

最近購入した白面金剛九尾イヅナのフィギュアの出来が良かったので(微妙に顔が似てないけど…)、久々にミニチュア風に合成しました。(過去の例はこちら→フィギュアで合成写真を作る、その2

ということで以下メイキング。

【必要なもの】
・パソコン
・カメラ
・画像加工ソフト(できればPhotoShop)

大阪だよ
風景写真を用意します。阿倍野ハルカスから撮った大阪。

白面金剛九尾イヅナ
フィギュアの写真を撮ります。

風景写真と近い条件で撮るのが理想なのですが、なかなか難しいので、せめてアングルと光源(出来れば画角も)だけはしっかりあわせます。背後にブルーバックでも設ければ合成が楽なのですが、何も準備してなかったのでそのまま。

調整
フィギュアにあわせて写真の明るさや色合いを調整します。
明るく彩度とコントラストを高めにするとミニチュア感が出ます。

切り抜きԅ( ˘ω˘ ԅ)
フィギュアを切り抜きます。マスクを使うなり消しゴムで消すなり御自由に。背景との境界のぼけ加減は地味に重要で、境界がぼけている箇所はあまりシャープに切り抜き過ぎないように注意します。逆にシャープな場所はしっかりと。

チルトシフト風
風景写真にフィギュアを載せたあと(影を描き足すのを忘れずに)、チルトシフトエフェクトのような感じに、背後と手前をぼかします。ようするに被写界深度が浅い感じにします。(フィギュアの周りだけにピントが合ってるような状態)

chicago
※チルトシフトエフェクトあるいミニチュアエフェクトの例。

注意点としては、上の写真のような、写真の上下をぼかしただけの即席なチルトシフトエフェクトは、奥行きや立体を当然無視しているのでどこか不自然です。そのため、例えば手前のマンションなどは切り離して別レイヤとして処理します。
レイヤー
面倒ですが距離に応じてぼかし加減を分けたほうが仕上がりが良いです。なお、今回、一眼レフでフィギュアを撮ったので、背後のボケ具合のいい参考になりました。Photoshopのレンズぼかしが強力です。

白面金剛九尾イヅナ
色を調整して完成ԅ( ˘ω˘ ԅ)<楽しい


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*