マットペイントという言葉の誤用

マットペントという言葉の説明や認識として、

・写真を使った壮大な風景画
・リアルで壮大な風景画
・写真を下地に絵を描くこと

などが見受けられますが、これらはいずれも間違いです。映画関係者が聞いたら眩暈を起こして倒れるレベルです。

 

そもそもマットペイントとは映画におけるSFX(特殊撮影技術,特撮)の一つです。カメラによる撮影が困難なシーンにおいて、実写映像を絵で補完する技術、あるいはそのための絵を指す言葉がマットペイントです。

具体的に例を出すと(古い映画ばかりで申し訳ない)、以下のようなものをマットペイントと呼ぶのが正解です。

※映画スピードにてバスが高速道路の切れ目をジャンプするシーン。この切れ目は、実際にはつながっている高速道路の映像に切れ目をマット画合成したもの。マットペイントは実際にはそこにないものを描き替えたり補完したりする。

※映画ダイハード2のラストシーンは本物の映像ではなく絵でした。


※映画インディ・ジョーンズ~魔宮の伝説~のクライマックスの断崖。
これは実写にリアルな崖の絵を合成して撮影されたものでした。マットペイントは現実にはない景色をでっちあげることができる。

 

しつこいようですが…

写真を使った絵=マットペイント

ではない
もっとも勘違いの多い誤用です。マットペイントの合成先は主に実写映像です。ですから写真並みにリアルに見せるように描く必要があります。
特にデジタルマットペイントにおいて写真を使うことが多いのは、合成先が実写であり手っ取り早くリアルに描くうえで、それが最適だったという結果でしかないわけです…。なお写真を下地に絵を描く技法のみを指すのならフォトバッシュという専用の言葉があります。

 

このマットペイントという用語の誤用。写実系絵描きがマットペイント風に描いた絵を見る側が取り違えたのか、はたまた、技術部分だけ独り歩きして広がってしまった結果なのか、イラスト業界に根強く蔓延するほど広まってしまいました。いまやイラスト技法の解説サイトまで誤った解説をする有様です。

 


マンサード屋根・ギャンブレル屋根・半切妻屋根…

不意にこの建築はマンサード屋根ではなくギャンブレル屋根ですね…と近代建築を巡りながら写真を載せている方を見かけて、そういえば、マンサードギャンブレルは良く混同されると思い、これまたよく混同される半切妻屋根と一緒にまとめてみました。

とにかく良く混同されるというこの3種類(試しにググって見りゃわかります)。この記事を書いた時点で日本語版wikipediaのマンサードの項目にある写真すら間違えている(マンサード屋根でない写真を載せている)という恐ろしさ。書籍や建築趣味系のブログですら怪しい解説が多い。また欧州(フランス・ドイツ辺り)ではギャンブレルとマンサードを区別しないことになっているらしい(?)ので、更にややこしいことになっています。あえて識別するなら米英由来で比較的新しいギャンブレルとブルボン朝時代のフランス由来のマンサードは発祥地も歴史的な経緯も違うので、どちらを継承したかという点が重要なのかもと。

近代建築畑でこの3種の混同は散見されますね…(これは主観になりますが)
例えば、稀にマンサード屋根と紹介されている、宮城県知事公館はマンサード屋根ではなく実際は半切妻屋根であったり、マンサード屋根の駅舎と紹介されている西桐生駅は、厳密にはギャンブレル屋根と称するのが適切であったりするわけですが…一度定着するとなかなか直らない。本場フランスでは区別してない(らしい)からマンサードでいいだろ!と言われればそれまでなのですが…。

で、典型的なマンサードってどういうの?

↓こういうのです。

パリはとにかくマンサード屋根で構成された建築物が多い。



ヴェルサイユ宮殿も大部分がマンサード屋根。


ウィーン歴史地区

日本の例としては小樽の日本郵船ビルなどが厳密な意味でのマンサード屋根となります。

◆追記

やはり、フランスなどでは特に区別していないということが調べているうちにわかって来たので図解です。

検証が甘いので間違てるかもですが、混同の最大の要因として、地域よって定義がバラバラだったというオチでした。

では妻面が切り落とされているマンサードと、ギャンブレルはどう区別をつけるのか?…通常マンサードは軒が飛び出たりしないそうだ。ただ軒が飛び出ていないギャンブレル屋根も北米には点在するため、結局は根っこの部分から区別していくしかないというお話でした。

※以前は妻面を正面とする傾向がギャンブレルの特徴では?と考えていましたが、初期の北米のギャンブレル屋根の建築の例を見るに、その法則は全く当てはまりませんでした。


言葉は万能ではない。他人に絵を依頼するときの注意。

知り合いがアマチュアの制作で、共同作業でRPGを作っていたときのお話しです。

RPGの敵のグラフィックとしてドラゴンの画像必要になり、アマチュアのドッターにドラゴンのドット絵を発注。なかなか出来の良いドラゴンが出来上がり、追加要求として、攻撃モーションを依頼したときに問題が起きました。

【以下その問題】
ドラゴン

ややうろ覚えですが、「要求通りに仕上がってるけど、違う、そうじゃない」という事態に。

これは互いに「光る」の定義が一致していなかったことが第1原因。
つぎに情報の刷り合わせが不十分であったことが第2の原因。

結果的には当人たちは笑い話で済んだというわけですが、これがプロの世界でも起こりうる(というか起こります)。笑い話では済みません…。

当時の知り合いの言い分を聞くに、「口が光るというと、まずはカァ! ってなるのをイメージしますよねw それくらいわかってよww」といった具合。残念ながら、それでは相手に通じないというのが、当時すでに絵仕事を始めていた私の感想。(そのドッターさんも怠慢なところがあるようで、擁護はできないのですが。)

「言葉は万能ではない」

これは重要です。

例えば、近未来の世界観で「サイバー」な感じでお願いします! と依頼が来たとしましょう。
サイバーなイメージとは何か? AKIRA?ブレードランナー?F-zero?(例えが古くても申し訳ない) 各々違うはずです。

対処法としては、先のドラゴンの件は、近いイメージの画像を相手に送れば問題は起きず、また、受ける側も具体的な要求を相手に聞き返していれば良かったという結論です。

 


これからイラストレーターや、グラフィッカーになる人へ。実績公開不可という案件を請けるか否か

画像は無関係

これからイラストレーターや、グラフィッカーになる人へ。
職歴に書いてはいけない(実績公開不可)という案件は請けるか否かは良く考えましょう。

こんなこと書いたら仕事こなくなる気がして怯えつつも、たまには真面目なことを書こうかと思います。ここ数年この手の案件が増えている傾向にあります。残念ながら大変嘆かわしいと感じているのが実情です。

例えば、私なら、○○というゲームに携わりましたと、このサイトの職歴欄に書いてありますし、ポートフォリオにも記載します。特定の作品に携わっているということは、それは仕事をする上で営業する上で信用になる意味でもあるのです。ところが、それが出来ないということです。特に自由業・自営業は仕事が次に続かないと死にます

この手の話題については、ツイッターといったSNSのような「愚痴の垂れ流し場」なら、本職の人間にそういう悩み不満を、たくさん目にします。ただ、リアルタイム情報が流れていってしまうので、文章を記録する意味では不得手です。なので当サイトの記事に記録しておこうと思います。

なお、絵の単価が云々とか、ブラックで詐欺な案件がとかそういう話はしないです。

◆単発なお仕事
まず、このような案件が多いのは主に単発の仕事。その単発の仕事はどういう経緯で回ってきたものかというと、

・どこかの業者が社内で処理できず、下(下請け企業・フリーランス)に丸投げしたもの
・あるいは丸投げされた下請け企業が社内で処理できず、更に下に投げたもの(孫請けと言います)
・上から来た仕事を下に投げる業者から投げられたもの。(俗に言うイラスト仲裁)

いずれにせよ、他者の尻拭いをしているわけです。

不満点は多いけど金もらえるならちょっとくらいいか、生活かかってるし。
とか考えながら請け負うわけです。実際それで業界が周っていますし、私自身も恩恵を受けているのであまり文句は言えません。

単発案件ならべつに実績公開できなくてもいいや。そう思うかもしれないです。ちなみに私はそう思こともあります。ただ、何故実績公開不可なのか腑に落ちない依頼も多いわけです。仕事のやり取りでこれを説明する業者は未だにおりません。

◆継続的な仕事でも
さて、今は私は、とあるブラウザゲームの仕事に役1年半ほど携わり続けています。最初は「ちょっとだけ」と言いつつ、継続的に仕事が来るという利点があり続けています。自分のしていることが世に出ない、お世辞にも良い金額とはいえないという具合です。流石に厳しくなってきたため、せめてその作品に携わっていると周知されることに意義を見出していたのですが、実は実績公開不可だったと聞かされ、ショックを受けて、現在交渉中といった具合です。言葉は悪いですが本音は「せめて口止め料よこせ」という感じです。(そういう経歴がありまして、今現在、継続的な依頼でなおかつ実績公開不可案件は請負不可あるいは交渉とさせていただいています。)

冒頭でその手の案件を請けるかどうか良く考えろと書きましたが、請けるにしても、継続するにしても、せめて金額や公開条件は先方と交渉してください。浮ばれないと思いつつも請負い続ければ、最終的に自分の首はおろか、これから業界に上がってくる人々の首すら締めかねないのです。

◆それでも請け負う
上で散々言っておきながら、私は実績公開不可案件も請けています。多くは単発依頼です。何でもかんでも発注を断っていては、やはり死にます。ここで重要なのは仕事に過剰に愛を持たないことです。投げやりに聞こえるかもしれませんが人は愛着がわくほど、見返りを求めるものです。ここはひとつ完全に割り切ってしまうことです。先に言ったことと矛盾してしまいますが、仕事は仕事と割り切り、次の日には終わった仕事は忘れることも大事です。名前を出せる仕事までの繋ぎ程度に考えておくのがベストかと思います。

反面、継続的に携わった仕事は愛が芽生えます。私は愛が芽生えました。だから浮ばれないとも考えるようになったのです。

○一応フォロー
実際のところ、実績公開不可が必ずしも悪いことではないという事例もあります。特定の作品に携わったと明示することは、その作品に対して生じる「責任」を大なり小なり追うということです。責任が追うのが嫌な人にはもってこい? 確かに気軽ですが(ごめんなさい)そういう話ではないです。SNSやネットが発達した昨今において、いわゆるクレーマー気質な人々が、企業の枠を飛び越えて外注絵描き(下請け)にクレームを入れるという事案が稀にありました(某スマホゲーや某ブラウザゲーなど)。外注側からしてみれば直接開発に携わっているわけではないのですが、クレーマーにはそこがわかりません。実績として名前が出ないことは、面倒なことまでは請け負わなくて良いということでもあります。
 

 


フィギュアで合成写真を作る、その3

ミニチュア風

白面金剛九尾イヅナ

最近購入した白面金剛九尾イヅナのフィギュアの出来が良かったので(微妙に顔が似てないけど…)、久々にミニチュア風に合成しました。(過去の例はこちら→フィギュアで合成写真を作る、その2

ということで以下メイキング。

【必要なもの】
・パソコン
・カメラ
・画像加工ソフト(できればPhotoShop)

大阪だよ
風景写真を用意します。阿倍野ハルカスから撮った大阪。

白面金剛九尾イヅナ
フィギュアの写真を撮ります。

風景写真と近い条件で撮るのが理想なのですが、なかなか難しいので、せめてアングルと光源(出来れば画角も)だけはしっかりあわせます。背後にブルーバックでも設ければ合成が楽なのですが、何も準備してなかったのでそのまま。

調整
フィギュアにあわせて写真の明るさや色合いを調整します。
明るく彩度とコントラストを高めにするとミニチュア感が出ます。

切り抜きԅ( ˘ω˘ ԅ)
フィギュアを切り抜きます。マスクを使うなり消しゴムで消すなり御自由に。背景との境界のぼけ加減は地味に重要で、境界がぼけている箇所はあまりシャープに切り抜き過ぎないように注意します。逆にシャープな場所はしっかりと。

チルトシフト風
風景写真にフィギュアを載せたあと(影を描き足すのを忘れずに)、チルトシフトエフェクトのような感じに、背後と手前をぼかします。ようするに被写界深度が浅い感じにします。(フィギュアの周りだけにピントが合ってるような状態)

chicago
※チルトシフトエフェクトあるいミニチュアエフェクトの例。

注意点としては、上の写真のような、写真の上下をぼかしただけの即席なチルトシフトエフェクトは、奥行きや立体を当然無視しているのでどこか不自然です。そのため、例えば手前のマンションなどは切り離して別レイヤとして処理します。
レイヤー
面倒ですが距離に応じてぼかし加減を分けたほうが仕上がりが良いです。なお、今回、一眼レフでフィギュアを撮ったので、背後のボケ具合のいい参考になりました。Photoshopのレンズぼかしが強力です。

白面金剛九尾イヅナ
色を調整して完成ԅ( ˘ω˘ ԅ)<楽しい